住宅の太陽光発電について

自宅で発電をすることが出来る方法として、太陽光発電もあげることができます。
現在住宅に取り付けをする方も増えてきています。
一般的に一戸建てに取り付けをすることが出来るという、イメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。
一戸建ての屋根の上に取り付けをするという方法が、確かに1番多いかもしれません。
そのほかの方法についても紹介をしたいのですが、屋上に取り付けをするという方法もあります。
一戸建ての全てに屋根がついているということではありません。
屋上がある際には、台を設置をしてその上にモジュールを乗せることによって発電をすることも出来ます。
そして一戸建てだけではなく、マンションに取り付けをすることも出来るようになりました。
賃貸マンションですとか、もしくは分譲マンションにも取り付けが可能です。
賃貸の場合は大家さんや管理会社が、導入について考えることが多いでしょう。
取り付けをして発電をした電気は、各住居にて使うことが出来るようになっています。
今日はこれだけ発電が出来たので、分割をして各住居これだけですと決めることも出来ます。
電気代金をどのように徴収するかは、大家さんや管理会社が定めています。
余った電気については電力会社に売ることが出来ますが、
売って手に入ったお金についても大家さんや管理会社が手にすることが出来ます。
一戸建てに比べると、マンションの方が屋根の面積が広いもしくは屋上のスペースが広いということが考えられます。
そのため一戸建てよりも沢山の電気を発電することが出来る可能性が高いです。
また高い位置に屋根や屋上があることが多く、太陽の光があたりやすいという利点があります。
影になることもなく、沢山の太陽の光を吸収して発電をすることになるため効率も良いです。
賃貸だけではなく分譲マンションについても同じですが、沢山の電気を発電をすることによってそれぞれ各家庭の電気代金を減らすことが出来るのです。

a-10-2
コメントa-10-2


Parent page: 住宅の太陽光発電について