群馬県内で太陽光発電システムを設置する利点

カテゴリー:太陽光発電のメリット

太陽光発電システムの導入を検討されている方が、導入する事により一番期待する事は光熱費の大幅節減でしょう。
太陽光発電システムは、自宅の屋根のスペースがどれほどあるかによって初期費用が異なりますが、一般住宅で平均的にかかる初期費用は150万円~250万円前後となります。
この金額を10年で償却しようと考えるなら、年間15万円~25万円光熱費が安くなると、10年間で初期費用が償却できます。
年間15万円~25万円ということは、一月あたりに換算すると12500円~20800円ほどとなります。
すでに群馬県内で太陽光発電システムを設置し、稼動させている住宅は平均すると毎月15000円~25000円程度の光熱費が節約できているので、太陽光発電システムを10年で償却する事は十分可能なラインとなるでしょう。
なぜそれほどの金額を節約可能かというと、日中は太陽光発電システムが発電する電力でほぼ住宅内で使用する電気をまかなえるケースが多く、日中自宅を留守にしていてほとんど電気を使わない時には、発電した電気を電力会社へ販売します。
夜間は太陽光発電システムが稼動しませんが、電力会社が用意する料金プランの一つである時間帯別電灯契約を電力会社と結ぶ事により、太陽光発電システムが稼動しない夜間の電気は割安な料金で利用できます。
群馬県内は東京電力の電力供給範囲ですから、おトクなナイト8等の夜間の電気料金を割り引く時間帯別電灯契約を結ぶと効率がよいでしょう。