太陽光発電を購入する前にメリットとデメリットを知ってください

カテゴリー:太陽光発電のメリット

地球温暖化が、叫ばれ始めてから人間が生活していくために必要とされている電気を生み出すエネルギーは、火力発電や原子力発電に成り代わって太陽光発電の魅力が、広く世間に認められつつあるのは大変嬉しいことです。
太陽光発電は、屋根や壁面に専用のパネルを設置することで、半永久的に使用できる理想的な再生可能エネルギーなのです。
自然の太陽光を、利用するのですから何といっても、大気汚染も土壌汚染といった自然を破壊することなしに、地球温暖化防止に役立つ装置とも言えます。
さらに燃料となるものは自然の太陽光なので燃料代を払う必要がありません。
代わりに設置したその後に修理やパーツの交換が必要になった時にはパーツ代や交換してもらうための手間賃がかかってしまいます。
自然を利用した、素晴らしいエネルギーの装置ですが、やはりメリットもあればデメリットな部分も存在します。
それは発電効率の低さにあります。
他の水力・火力・原子力といった方法に比べると差が歴然としています。
例えば火力発電の発電効率が、40%から60%だとすると太陽光発電の発電効率は20%程度しかないのです。
さらに汚れにも弱いのです。
発電パネルはパネルの内部で発電機構が、完結しているのでメンテナンスはいらないとされていますが、パネル表面に砂埃や泥汚れなどが付着した場合は、パネル内部の受光部が光量を受け取れないで、発電量が下がってしまうのです。
また夜も発電できないというデメリットも、充分に考慮しなければいけない点です。