太陽光発電の仕組みと経緯

電気を作り出すためにはさまざまな方法があります。
電力会社より電気を購入しますが、電力会社が発電をした電気を供給してもらっています。
発電所にて発電をした電気を、電力会社を通じて使うことが出来るのです。
以前は火力発電が多く行われていました。
石油や廃棄物などを燃やして、その熱を電気に変換をするという仕組みです。
物を燃やすと灰が生じます。
灰になると使うことが出来ないため、使い捨ての発電方法とも言われていました。
発電をする際には燃えるものを用意をして、そして発電が終わったら灰を捨てるという作業が必要になります。
灰の捨て場所も問題になっていました。
そこで段々と新しい方法、原子力発電という方法がとられるようになりました。
原子力発電は、ウランなどを核分裂させてその熱で発電をするという方法です。
繰り返し使うことが出来るので、廃棄物に困らないという利点があります。
火力発電が衰退していき、原子力発電が多くとられるようになりました。
しかし原子力発電というのは、放射線もれが重大な問題となっています。
発電所から放射線がもれないように工夫がされているのですが、残念ながら日本でも放射線もれが起こってしまいました。
それが2011年の福島県の原子力発電の事故です。
放射線は目に見えないため、測定をしないことには放射線が空気上に混じっているのかが分かりません。
また広い範囲で広がり、人体に影響が出てしまうことからも影響力が大きいと言えます。
火力発電も原子力発電も便利な方法ですが、地球環境のことを考えると反対の声も多数あります。
そこで太陽光発電が注目されるようになってきたのです。
太陽の光をソーラー電池に吸収をさせて、その熱を電気に変換をするという仕組みとなっています。
太陽の光をあてるということで、ものを燃やす必要がありません。
また老廃物も出ないため、地球環境にとても優しい発電の方法と言われています。
今後広まっていくことが考えられます。

a-35-2
コメントa-35-2


Parent page: 太陽光発電の仕組みと経緯