太陽光発電をはじめソーラーが使われている

2011年の3月に東日本大震災が起こり、そして福島県の原子力発電の事故が起きてしまいました。
それ以降計画停電が行われたり、また電気の代金の値上げなどもされました。
原子力発電の事故が起こる前より、節電に取り組みをされている方も多いと思います。
しかし実際電力会社から電気の供給が止まってしまう。
また電気代金があがるとなると、電気について見直しをしなくてはいけないと考えるのではないでしょうか。
電力会社から電気を購入する方法もありますが、そのほか発電をするという方法もあります。
例えば電卓ですが電池を入れなくても動きます。
コンセントにつなぐ必要もありません。
これはソーラーが取り付けられているからなのです。
電卓には茶色い板のようなものが取り付けられていますね。
太陽の光など光をあてることによって充電をすることが出来ます。
そのため電池がなくても、コンセントから電気を流さなくても使えるのです。
電卓以外にも取り付けられているものがあります。
時計も見たことがありませんか?
全ての時計には取り付けられていませんが、一部取り付けがされているものがあります。
通常電池を入れて動くことが多いですが、電池が不要のため便利だと思いますね。
電波時計に多いですが、同じく光をあてることによって充電をすることが出来るのです。
また電波時計ということで、時刻も正確なので時計の時間をあわせる作業も必要ないので良いですね。
そのほかですと携帯電話などの充電器もあげられます。
持ち運び用としても販売がされています。
外出中ですとコンセントがないことが考えられますが、その際にも光をあてて使えます。
そのためコンセントにつながなくても、携帯電話や後ウォークマンなどの充電が出来ます。
電池が不要なので電池の代金が不要、コンセントが不要なので電気代金が不要という利点があります。
同じく太陽光発電についても、ソーラーを使用することによって発電がされているのです。



Parent page: 太陽光発電をはじめソーラーが使われている